トリキュラーは避妊目的だけのピルではない トリキュラーと青空の画像

ピルの種類には色々とありますが、その中でもトリキュラーは人気のお薬となっています。今までピルを使ったことの無かった女性でも気軽に使えるので、避妊目的だけと考えるのではなく美容や生理痛改善などに使ってみてはいかがでしょうか。

2017年03月の記事一覧

ピル:癒着と殺精子剤のこと

ピルには、性交渉の際に、精子が万が一に子宮に入ってしまった場合に、殺精子剤の役割を果してくれる機能があります。

男性の場合には、マナーとして、このような際には、必ずコンドームなどを性交渉の時には使用を行います。
しかし、稀に、このようなコンドームを使いたくないという男性がいるため、女性が自分の体を守るため、望んでいない妊娠を避けるために、このようにピルが使用されます。

精子が子宮に入り、癒着を始めてしまうと、そこから妊娠になってしまう可能性があります。

基本的に、コンドームを装着していれば、妊娠する可能性はとても低いと言われていますが、コンドームが壊れてしまっている場合や、破れてしまった場合など、何からのケースでこのように、精子が子宮に入り込んでしまった場合には、卵子、と精子が癒着を起こし、そこから赤ちゃんの原型である、胎児が育って行くことになります。

このようなことを防ぐために、ピルには、殺精子剤の力があるのですが、逆に、妊娠を望んでいる場合には、このようなピルを飲んでしまうことで、妊娠が出来ない可能性が非常に高いため、とても注意が必要です。

また、ピルについては、女性の体に負担を及ぼすこともあります。
これは、個人差によるところが大きい、とされていますが、基本的にピルを飲んだ後には、発熱のような熱っぽい感じがすると同時に、だるさなどや腹痛などが起きる方もおられます。
また、非常に重いケースになると、布団から出られないほど、横たわってしまう状況が続く、とされており、ピルの効果は高いものとされていますが、女性にとっては、殺精子剤とはいえ、とても負担が大きいことが起きてしまうことが現状となっています。

続きを読む