トリキュラーは避妊目的だけのピルではない トリキュラーと青空の画像

ピルの種類には色々とありますが、その中でもトリキュラーは人気のお薬となっています。今までピルを使ったことの無かった女性でも気軽に使えるので、避妊目的だけと考えるのではなく美容や生理痛改善などに使ってみてはいかがでしょうか。

2016年08月の記事一覧

ピル服用でのリスクとは

避妊用のピルというものは、産婦人科の医師などに処方をしてもらう必要はあるものの、基本的にはただ単に毎日服用しているだけで、ほぼ確実に近いような避妊の効果が得られるというところが、女性にとって大きなメリットであるといえます。しかし、こうしたものは手軽ではある花面、やはり医薬品として製造された、身体的に大きな影響をおよぼすものであるだけに、副作用があるかもしれないリスクを考えておかなければなりません。
ピルを服用したときのありがちな副作用としては、吐き気や嘔吐、頭痛、下腹部痛、胸が張ってくる、不正出血などといったものが挙げられます。これらは女性にとってみれば不快であることはたしかであるものの、医学的にみれば症状としてはそれほど深刻なものではありません。
たいていの場合であれば、ピルを飲み始めてから数日か、何週間かを経過すれば、こうした症状はおおむね消失に向かうものです。一時的にピルの服用によって、体内でのホルモンのバランスが変化した結果と考えればよいものです。ただし、体質によっては副作用が強く出過ぎるためにまったくピルを受けつけないという場合もあり得ますので、ピル以外の方法をためしてみるか、またはホルモン量の少ない別の銘柄のピルにトライするといったことが考えられます。
また、ピルには血栓症をひきおこしやすいというリスクもあり、特にタバコを常用している女性の場合には、そのリスクが確率的に高くなりますので、注意をしておかなければなりません。血栓症は血液のかたまりが血管をふさいで血流を妨害するという症状であり、タバコを吸う人はその成分の作用で血管が収縮して狭くなるため、よけいに血栓症になりやすいのです。

続きを読む

ピルは避妊目的以外での効果もある

男と女の付き合いの中で、やはり避けられないのがセックスでしょう。これはお互いの気持ちを確かめ合い、愛情表現をしていくものとしては、とても大切なものです。二人の時間を大切にしていくのにもとても良い手段といえましょう。ただ、セックスをすると妊娠をする可能性もあるのです。ですから、それを避けるためにも避妊をしていくようになります。
避妊方法としては、男性のコンドームの使用が一般的ですが、最近は女性が避妊薬を服用するということも徐々にされるようになっています。それがピルの服用です。低用量ピルを飲み続けることで、妊娠をしないような体にしていくことができるのです。その仕組みとしては、女性の体を28日の生理周期にして排卵を抑える働きがあるのです。排卵を抑えることで、セックスをして精子が女性の体内に入ったとしても受精をする機会がなくなるというわけなのです。ピルを飲むことで、避妊方法としてはとても高い成功率になるといわれます。
多くの女性が避妊目的でピルを服用するのですが、一方で違った効果を期待して飲み続けるという場合もあるのです。生理周期を28日に固定することができるので、生理不順に悩んでいる人でも症状を改善できたり、ひどい生理痛や排卵痛がある人でもピルで改善できたりする働きもあるのです。また、子宮内膜症などの予防になったりしますし、肌荒れの防止になったりすることもあります。ですから、産婦人科で生理などについての相談をすると、ピルが出されることが多いのです。
ピルを飲むことで、子宮や卵巣を一時的に休めることもできたりするので、そのほかの良い効果も期待することができて、避妊以外にも良い点がたくさんあるのです。

続きを読む