トリキュラーは避妊目的だけのピルではない トリキュラーと青空の画像

ピルの種類には色々とありますが、その中でもトリキュラーは人気のお薬となっています。今までピルを使ったことの無かった女性でも気軽に使えるので、避妊目的だけと考えるのではなく美容や生理痛改善などに使ってみてはいかがでしょうか。

射精された後でも効果のあるピルがある

性行為をすれば妊娠の可能性があるとわかっていても、その場の雰囲気に流されて避妊をしなかったということは多いものです。
妊娠をして困らない状況であれば、妊娠をして問題があるわけではありませんが絶対に妊娠をしてはいけないという場合だと困ったことになってしまうことがあります。
特に男性が遊び目的であった場合、妊娠をしてしまっても責任を取らずににげてしまうということもありますからそのような相手の場合には特に避妊は徹底しなければなりません。

そのため、コンドームなどをつけることはもちろんのこと女性も率先して避妊をする意識を持つことが大切であり、ピルを服用するなど自衛を心がけることが大切です。
しかし、ピルというのは薬局で簡単に買えるようなものではありませんから利用しようと思いながらも、なかなか行動を起こさずに避妊に失敗してしまうというケースも有ります。

そのような時であっても、女性が体内に射精をされてしまった後でも避妊をすることができるピルも存在しているので、避妊に失敗をしてしまった場合、早急にそれを服用するようにしましょう。
事後に避妊をすることができる薬がアフターピルと呼ばれるものであり、性行為後72時間以内であれば避妊効果があるとされているので膣内に射精をされてしまった場合であっても早めに服用をすることによって妊娠を防ぐことができます。
早ければ早いほど避妊効果が高いものとなっているので、避妊に失敗した時にはとにかく早くアフターピルを服用することが大切です。
妊娠をしてしまってからでは遅いため、その前にできることは何でもしておかなければなりません。
アフターピルといえども絶対確実な方法ではありませんが、妊娠をしないことを祈るよりもずっと避妊の確率は高いのが確かなので早めの行動が重要となるのです。