トリキュラーは避妊目的だけのピルではない トリキュラーと青空の画像

ピルの種類には色々とありますが、その中でもトリキュラーは人気のお薬となっています。今までピルを使ったことの無かった女性でも気軽に使えるので、避妊目的だけと考えるのではなく美容や生理痛改善などに使ってみてはいかがでしょうか。

ピル服用でのリスクとは

避妊用のピルというものは、産婦人科の医師などに処方をしてもらう必要はあるものの、基本的にはただ単に毎日服用しているだけで、ほぼ確実に近いような避妊の効果が得られるというところが、女性にとって大きなメリットであるといえます。しかし、こうしたものは手軽ではある花面、やはり医薬品として製造された、身体的に大きな影響をおよぼすものであるだけに、副作用があるかもしれないリスクを考えておかなければなりません。
ピルを服用したときのありがちな副作用としては、吐き気や嘔吐、頭痛、下腹部痛、胸が張ってくる、不正出血などといったものが挙げられます。これらは女性にとってみれば不快であることはたしかであるものの、医学的にみれば症状としてはそれほど深刻なものではありません。
たいていの場合であれば、ピルを飲み始めてから数日か、何週間かを経過すれば、こうした症状はおおむね消失に向かうものです。一時的にピルの服用によって、体内でのホルモンのバランスが変化した結果と考えればよいものです。ただし、体質によっては副作用が強く出過ぎるためにまったくピルを受けつけないという場合もあり得ますので、ピル以外の方法をためしてみるか、またはホルモン量の少ない別の銘柄のピルにトライするといったことが考えられます。
また、ピルには血栓症をひきおこしやすいというリスクもあり、特にタバコを常用している女性の場合には、そのリスクが確率的に高くなりますので、注意をしておかなければなりません。血栓症は血液のかたまりが血管をふさいで血流を妨害するという症状であり、タバコを吸う人はその成分の作用で血管が収縮して狭くなるため、よけいに血栓症になりやすいのです。